危険信号!?腕のしびれは深刻な病気の前触れかも

脳梗塞かもしれない!?

腕のしびれを放っておくと、とても危険です。何か重大な病気が隠されている事もあるからです。

その中でも重大な病気には、「脳梗塞」が挙げらえます。脳梗塞は、日本でも決して少なくはない病気の一つです。

脳梗塞は、脳の血管が壊滅状態になってしまう症状なので、人によっては、発作を起こし、そのまま命を落としてしまう方もいるくらい、致命的な病気です。

脳梗塞になると、手足の神経がしびれるばかりではなく、腕のしびれや腕に倦怠感を感じる事もあります。これらは、脳の神経から伝わってくるしびれです。

場合によっては口がしびれる事もあり、呂律が回らなかったりもします。また、手や腕がしびれている事から、物が持てない事もあり、それだけ生活が不便になってしまいます。

手のしびれイメージ

パニック障害の時も。

精神疾患で、パニック障害というものがあります。この障害は、極度の不安やパニックを感じた時に、腕のしびれや手足のしびれを感じるという事があります。このようにしびれというのはとても大きな疾患が隠れているものです。しびれには鍼灸が良いと聞きましたが青葉台 整体の先生によると整体やリハビリ・マッサージなどを併用していくとなお良いとのことでした。
その他妊娠中のしびれというものも存在します。そういった時は埼玉 不妊治療のような女性に特化した専門の鍼灸院が良いそうです。鍼灸というと怖いイメージをもたれている方も多いですが、ぜんぜんそんなことはありません。2006年頃からは髪の毛よりも細い鍼が主流となっているので、いつ刺されたかもわからないほどの刺激しかなかったりします。
同じく埼玉のお話になりますが、上尾市にある埼玉 リハビリのように、しびれて動かない人向けのリハビリや改善をしてくれる施術所もあるそう。失敗しないようにしっかりリサーチしていきたいですね。

パニック障害というのは、発作的に、とてつもない不安を感じてしまい、頭や心がパニックになってしまい、強い恐怖感に襲われてしまったり、自分では自分をコントロールできなくなってしまったりします。

うつ病の前触れのケース。

加齢に伴い、うつになっていく人もいます。うつの前兆として、腕や手足のしびれが挙げられます。
これは、強い緊張感や精神的ストレスが原因となって、このようなしびれを感じてしまうのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ